【6世代トリプル】役割集中・確率(限界霰)【第二回ひまたた杯・第三回影踏みオフ参加構築】

 

 

 

「ダブル吹雪は20%の確率で相手が機能停止するから強い」?

 

 

 

 

 

 

 

トリプル吹雪なら30%で凍るからもっと強いな???

 

 

続きを読む

【地方統一ダブル】怪電波メガライボルト軸コントロールパ【参加したかった】

おはようございます!

今回は、葉庭斗音さん主催の地方統一ダブルが非常に面白そうだったため、いざ参戦!ということで参加登録を行いました。

haniwatoon-pokemon.hatenablog.com

 

選ばれた地方はホウエン地方、いざ構築を組まんということで、色々準備をしていた矢先…

 

 

日頃の生活態度が災いしてか、腸内がズタボロになって入院し、あえなく参加キャンセルということで…

 

 

先日無事退院し、せっかく構築案とか色々準備していたこともあったので、今回は参加予定だった構築記事を書いてみることにしました。

 

また、構築記事を公開してみるもう一つの理由として、特殊ルール大会全般に当てはまる傾向ですが、大会開始まで構築や環境の情報が秘匿されるせいで話題を共有できない(こんなに楽しみにしているのに誰とも話せないなんて!)

 

ていうのがすごくもったいないと思うんですよね。なので、情報共有サポートの一貫として、事前に構築を公開してみようかなと思いました。

 

期末試験のヤマ張りみたいで、そこが楽しいっていう部分もあると思うので、僕が考えた構築がヤマが当たっているかの運試しみたいな部分もありますね。

 

 

前置きはこのぐらいにして、いざ環境考察へ

 

 

 

1.限られた攻撃手段に気を取られずに、広く浅く対策する

 

強力な並びをざっくり

 

カントー地方リザードンf:id:siwasu1341:20180609121736g:plainフシギバナf:id:siwasu1341:20190601115451p:plain

ジョウト地方ニョロトノf:id:siwasu1341:20190601115956p:plainキングドラf:id:siwasu1341:20190601120007p:plain…といったように、通常の全国ダブルでも優秀な並びを数多く採用できます。

 

しかし、それと制限ダブルの決定的に異なることは、軸の取り巻きがどうしても弱くならざるを得ず、アタッカーの質が必然的に低下する

つまり、アタッカーのサポートを別のアタッカーで補えない、ということです。

 


そうなると、耐久型のポケモンが自然と強化されることになり、崩せない詰みの状況が多く発生する可能性が高くなります(耐久型のポケモンは全国ダブルでも1~2匹採用されていれば、相手を詰めるには十分な効果を発揮できる)。

 

できることが限られるゆえ、相手のできる限界を対策したくなる気持ちはありますが、逆にアタッカーへの対策は限界まで広く薄く取り、詰まされないように耐久型への崩しに力を入れたほうがいい、あるいは相手を詰める方向で構築を組んだほうがいいかなーと思いました。

 

 

そんなわけで、まずは多くのアタッカーにできるだけ対策の手を伸ばせるポケモンを…

 

 

今回は、メガライボルトf:id:siwasu1341:20190601121300p:plainに白羽の矢が立ちました。

 

高速からのボルトチェンジで手持ちに戻ることができ、メガライボルト自身はノーダメージで威嚇を何度もばらまくことのできる、物理アタッカーに非常に強く出れるポケモンです。

特殊アタッカーに対しても何らかの対応手段がほしいところで…

 

怪電波が面白そうだと思い、採用することにしました。

特殊アタッカー対策となる中で、同じく覚える光の壁に対する怪電波のメリットは、

 

1回当たりの低下量が多く、重ね掛けできることにあります。

 

前述の通り、高耐久の砲台型ポケモンも多く採用されるだろうな…(瞑想クレセリアf:id:siwasu1341:20190601122418p:plainとかダウンロードポリゴン2f:id:siwasu1341:20190601122405p:plainとか)と思っていたので、一般的な特殊アタッカーにも打てつつ、高耐久との積みあいでも有利の取れる怪電波が環境に刺さるかな~!と思いました。

 

単純に物珍しさから使ってみたかったっていうのもありますが。

 

 

 

2.交代先と高耐久での打ち合い

 

メガライボルトが軸になったことで、これの補完を考えることに。

欲しい要素としては、

 

ボルトチェンジでの交代先になれる

②電気に強い地面に強い

③高耐久との打ち合い性能

 

こんな感じですね。

ホウエン地方の枠の中で、これらを満たすポケモンといえば…

 

レジアイスf:id:siwasu1341:20190601122755p:plainですね!

 

受け出しできるだけの十分な耐久があり、氷技が電気技との補完に優れるポケモンです。

 

地面技は物理の可能性が高いですが、威嚇で下げられるので問題なし。

また、怪電波を打つ余裕がなくても十分なだけの特殊耐久がある。さすがD200

 

先述した高耐久と打ち合うために、毒々を持たせておきましょう。

絶対零度が欲しいところですが、相手からの絶対零度が無効になるだけでもよしとしましょう。

 

 

3.地面・炎耐性と遂行力

 

ここまでで決まった並び

f:id:siwasu1341:20190601121300p:plainf:id:siwasu1341:20190601122755p:plain

こう

 

レジアイスは地面や竜への遂行力があるとはいえ、地面耐性を持たないので、少しだけ不安が残ります。

また、氷タイプの弱点となる、炎タイプへの対応力が欲しいです。鋼タイプへの遂行力も併せてほしい。

 

丁度いいところに、この2体が採用されました。

f:id:siwasu1341:20190601120225p:plainf:id:siwasu1341:20190601120238p:plain

 

ペリッパーは念願の地面無効で、ライボルトの後出しに便利です。

特性あめふらしがあるので、レジアイスの苦手な炎タイプへの対応にもうってつけです。この3匹での相性補完がかなりいい感じで良いですね。

 

種族値ゆえ耐久が若干怪しいですが、威嚇もあるので大丈夫でしょう。B方面に厚く振っておけば、レジアイスと使い分けできるのも良さげです。

 

ペリルンパのみだとメガリザードンYに天候を取られますが、ライボルトからボルトチェンジで出せばうまい具合に天候が取れるので、ペリッパーライボルトの相性はかなりいい感じです。

 

 

ルンパッパはZワザによる遂行力が魅力で、超速のおかげでZワザを無駄にしないのが強みです。

地面半減はオマケ。

 

 

 

3.新たな勝ち筋

現在の並び

f:id:siwasu1341:20190601121300p:plainf:id:siwasu1341:20190601122755p:plainf:id:siwasu1341:20190601120225p:plainf:id:siwasu1341:20190601120238p:plain

さわやかな色合いが素敵。

 

ライボルトとルンパッパは動かしやすいものの、ペリッパーレジアイスの行動保証が威嚇のみで、動かせずに負ける可能性があります。

 

ライボルト抜きでうまい具合に動かせるようにしたいところ。

何かいい方法は…

 

幸いなことに、どちらもある程度の鈍足ポケモンなので、トリックルームが噛み合いますね。

 

高耐久トリックルーマーのサマヨールf:id:siwasu1341:20190601152309p:plainと、

殴れるトリルサポーターのハリテヤマf:id:siwasu1341:20190601152321p:plainを採用しました。

 

 

ペリルンパの並びを警戒させるところにトリルペリッパーが下から殴り始めたらそれはそれで楽しそうかなと。雨への切り替えしは追い風やトリックルームが一般的なので、対策への対策としてもいい感じだと思ってます。

意外なところで相性のいいペリッパーサマヨールの並び。

 

ハリテヤマ猫騙しでサマヨールをサポートしつつ、低速なのでそのまま殴れるのがいい感じです。

レジアイスに抜群が取られる岩タイプや鋼タイプへの打点になるので、相性補完もなかなかですね。

 

 

4.パーティ紹介

 

f:id:siwasu1341:20190601153304p:plain

 

 

雨選出+猫+メガライボルトサマヨール

選出で結構悩んでくれると嬉しいですね

 

 

 

4-1.メガライボルト

f:id:siwasu1341:20190601153549g:plain

種族値:70-75-60-105-60-105

メガ後:70-75-80-135-80-135 臆病 CS252

特性:避雷針→威嚇 持ち物:ライボルトナイト

ボルトチェンジ/火炎放射/怪電波/守る

 

怪電波ライボルト。採用理由は前述の通り。

火炎放射が持てるので、雨パの苦手なナットレイへの遂行力にもなるのが強いです。

耐久をあげるためにHS振りでもいいかもしれないが、打点を稼いでおかないと後続の負担が増えるのでCSでいいと思います。

 

 

メガリザードンY+避雷針ライチュウだけは本当に勘弁してほしい。

 

 

4-2.レジアイス

f:id:siwasu1341:20190601154449g:plain

種族値:80-50-100-100-200-50 冷静 HC252

特性:クリアボディ 持ち物:広角レンズ

吹雪/雷/毒々/守る

 

レジアイス~~~~~

熱い夏に採用したいポケモンランキングNo.1。

 

トリルターンが切れるまでにできるだけ相手への削りを行う必要があり、毒の命中向上での行動回数増加も見込めるとなると、吹雪をメインウェポンに広角レンズを持たせるのがよさそう。

 

高耐久への打ち合いが必要なので、まず最初に毒毒を押すだろうということで。

雨があるので雷も打てる。雨が降ってなくても広角雷が安心感。

 

総評:楽しそうなポケモンですね。

 

 

4-3.ペリッパー

f:id:siwasu1341:20190601155331g:plain

種族値:60-50-100-95-70-65 冷静 HC252(あるいは少しBに振る)

特性:雨降らし 持ち物:パワーアンクル

熱湯/暴風/守る/ワイドガード

 

 

遅い鳥。

トリルアタッカーに転身するついでにバンギラスより遅くなったので、対雨をバンギラスに頼るジョウト構築にアホほど強い。

 

地面無効炎1/4で相手の天候消しつつ威力120の熱湯打ちに行けるってこれ相当強いですよ

構築全体で岩雪崩に弱いので、ワイドガードが輝きそう。

 

 

 

4-4.ルンパッパ

f:id:siwasu1341:20190601160834g:plain

種族値:80-70-70-90-100-70 控えめ CS252

特性:すいすい 持ち物:ミズZ

ハイドロポンプ/ギガドレイン/冷凍ビーム/猫騙

 

早い水。gif画像の動きがやかましい。

いくら受け回す構築とはいえ最低限の強さはあるべきなので、全方位にしっかり役割を持てるルンパッパ。

 

ライボルトの苦手な地面、水地面、竜のどれが来ても絶対に役割を持てる技範囲が偉い。電気ミラーはミズZで。

 

弱点が少なく、威嚇が入れば物理方面も無茶が効きそう。特防はそこそこ高いので、耐久無振りでも意外と落とされないのが偉いです。

ペリッパーがトリル軸に出張するので、選出回数自体はペリッパーよりは減りそうですね。とはいえライボペリルンパレジアイスで十分強そう。まとまっている感じがする。

 

4-5.サマヨール

f:id:siwasu1341:20190601171505g:plain

種族値:40-70-130-60-130-25 生意気 HBD(あるいはC振り)

特性:お見通し 持ち物:進化の輝石

トリックルーム/鬼火/祟り目/挑発

 

要塞2号。高耐久ポケモンが強いのは前述の通り。入れ得。

トリックルームでのペリッパー/レジアイスサポートもさることながら、威嚇だけでは不足する物理アタッカーに鬼火で嫌がらせが可能。

鬼火の通らない炎タイプには水技が通るので、地味に範囲が被らないのもいい。

 

攻撃技には祟り目を選択。サマヨール自身が鬼火を持つことに加えて、レジアイスの毒毒やペリッパーの熱湯で自然と高打点が実現できるはず。

雷や吹雪で補正が乗ればさらにおいしい。

 

ダブルバトルのトリパでトリル役(ここではサマヨール)が置物になる場合、戦力は1/2になってしまうので、なるべくトリル役の置物化は避けたいところ。

ナイトヘッドではまだ置物のままな気がするので、より圧力のかけられる祟り目がいいはず。

残念ながら悪やノーマルには通りが悪いが、後述のハリテヤマがそれらに高速遂行をかけられるのでそこも補完が成立している。

 

実はヨノワールだと攻撃100の特攻65に対し、サマヨールは攻撃70の特攻60と、サマヨールのほうが特殊型を選択しやすかったりする(特殊型と呼べるほど数値があるわけではないが…)

 

進化前が進化形に対して差別化できるポイントがあると嬉しいですね。

 

 

4-6.ハリテヤマ

f:id:siwasu1341:20190601172802g:plain

種族値:144-120-60-40-60-50 勇敢 AD252

特性:根性 持ち物:火炎玉

猫騙し/インファイト/叩き落とす/つっぱり

 

〆のRIKISHI。

ハリテヤマはトリプルの晴れゴリラパでの採用が一番多く、ダブルではあまり見ることがない気がしますね。(アローラダブルではそこそこいたかな)

 

厚い脂肪とチョッキを持たせての崩されにくい格闘タイプというイメージが強いが、今回は雨パでの採用で厚い脂肪の恩恵も薄く、トリルターン中に迅速な遂行を行うための根性火炎玉型を選択。

 

レジアイスの苦手な岩鋼タイプに強く、サマヨールの苦手なノーマル悪タイプにも強い。

地方統一という環境上、苦手なフェアリータイプは採用数自体が少ない。

まさに獅子奮迅の働きが期待できるRIKISHIである。

 

飛行タイプへの打点はレジアイスに任せればいいということで、岩雪崩を切って叩き落とすでゴーストやエスパーを殴れるように。

 

最終枠はつっぱりアローラ地方のダークホース、ツンデマルf:id:siwasu1341:20190601173934p:plainf:id:siwasu1341:20190601173947p:plainをボコボコに粉砕できる。

トゲデマルの上から猫騙しができ、サマヨールツンデツンデトリックルームも阻害できる。相性がひどすぎる。

インファイトと火傷で耐久が削れまくってライボルトの威嚇を台無しにしがち。しょうがない。

 

 

 

 

5.総括

戦績 0戦0勝(参加辞退)

 

くれぐれも、みなさんも体調管理はしっかりしましょう!!!!!!!!!!!

入院してもすることなくて暇だぞ!!!!!!!!!!

 

 

地方統一ダブル参加者の皆さんへ

大会が終わった後に、この構築が刺さる環境になっていたかどうか、教えてくれると嬉しいです。よければ脳内で対戦してみてください。

あとメガリザードンYフシギバナライチュウはガチで強いと思います。カントー引けてたら使ってみてください。(個人的にとても嫌)

 

 

それでは~

【第一回】封印されしエクゾディア【遊戯王の歴代切り札カードをポケモン風にステータス妄想したらどうなるの?】

前置きなしでやっていきます。

 

題して

 

遊戯王の歴代切り札カードをポケモン風にステータス妄想したらどうなるの?

 

 

 

 

載せる内容は、遊戯王のエースモンスターや切り札カードに関するアニメ遊戯王の思い出とかを書きながら、それをポケモンの技やステータスで再現してみるって感じです。

 

遊戯王は5D'sまで、ポケモンはウルトラサンムーンまでは分かります。

 

遊戯王ポケモン分からない人にも頑張って伝えられるようにしたいです(頑張ります)

 

 

完全な自己満足ですが、良ければお付き合いください。

 

続きを読む

【さかさダブル】独立要塞バッフロン【ウルトラサンムーン】

 



前回はこちら

siwasu1341.hatenablog.com

 

あらすじ

 

 

 

真面目に構築を組んだのに、図らずも最低レート1427まで到達してしまった。

真面目さどこ行った。

 

このまま終わるのは嫌なので、とりあえず改善案を考えてみることに。

 

まずはおさらい

パーティはこの6匹。

f:id:siwasu1341:20180610160227g:plainf:id:siwasu1341:20180610160152g:plainf:id:siwasu1341:20180610160147g:plainf:id:siwasu1341:20180610160135g:plainf:id:siwasu1341:20180617102127p:plainf:id:siwasu1341:20180617102123p:plain

戦法

ヤレユータンでトリルを通して采配+バッフロンの積み技で要塞を作る。

メガヤミラミで暗示して勝ち!

 

 

改善案を出すために、問題点を列挙。

トリル後にできる行動が積み行動しかない
=トリルエースがいない

 

メガヤミラミの暗示の成功が勝敗に寄与しないf:id:siwasu1341:20180610160135g:plain
バッフロンで積めれば勝てるし、わざわざ暗示する必要がない

 

ゲンガーの選出率が低いf:id:siwasu1341:20180617102123p:plain
=トリルサポートはコジョンドで間に合う、崩しはそもそも方向性が異なる

 

メタモンの選出タイミングが少ないf:id:siwasu1341:20180617102127p:plain
メタモンの選出タイミングが少ない

 

⑤初手ガルーラが意外と辛いf:id:siwasu1341:20180609122628g:plain
=積み切る前に高打点出してくると痛いんです。

 

 

その他

テテフが重いf:id:siwasu1341:20180617104346p:plain
=トリル構築の宿命。超Zでクレセワンパンてなんやねん

 

トリパのコータスや、トリパメタの低速ポケモンオニシズクモ、メガユキノオ
ー、etc)が重いf:id:siwasu1341:20180617104505p:plainf:id:siwasu1341:20180617104511p:plainf:id:siwasu1341:20180617104515p:plain
バッフロンより遅い相手が辛い

 

 

 

このぐらい。

バッフロンヤレユータンコジョンドは据え置きにして、残り3匹を変更しながら改善していくことに。

 

f:id:siwasu1341:20180617102123p:plainf:id:siwasu1341:20180617102127p:plainf:id:siwasu1341:20180610160135g:plain ←リストラ

 

 

続きを読む

【さかさダブル】積み構築に全力で抗ってみた-完全要塞バッフロン【ウルトラサンムーン】

【あらすじ】

この春社畜になってからというもの、なかなかポケモンに触れることができなかったのだが、さかさダブルに1度は参加しておきたいな、ということで。

 

とりあえず、さかさの環境を考えてみる。

 

 

 

f:id:siwasu1341:20180609121707g:plainf:id:siwasu1341:20180609121935g:plain テテフーディンとか

f:id:siwasu1341:20180609121721g:plainf:id:siwasu1341:20180609121754g:plain ブルルジュカインとか

f:id:siwasu1341:20180609121736g:plainf:id:siwasu1341:20180609121742g:plain(orf:id:siwasu1341:20180609122339g:plainorf:id:siwasu1341:20180609122348g:plain) リザフーンとか

f:id:siwasu1341:20180609121803g:plainf:id:siwasu1341:20180609121759g:plain トノラグとか

f:id:siwasu1341:20180609121854g:plainf:id:siwasu1341:20180609121858g:plain ノオーアイスとか

f:id:siwasu1341:20180609121727g:plainf:id:siwasu1341:20180609121731g:plain コケマインとかが強そうですね             f:id:siwasu1341:20180609122113g:plain<え…?

 

 

ふむふむ。鋼がいなくて一致技が等倍以上で通しやすい環境だから、自然と環境全体が高火力になりそうですね。

 

 

とりあえず潜ってみる…

 

 

 

うーん、なんか違うなあと。噛み合わない。

メタ先がずれているのだ。

 

 

実際に環境にいたポケモン

 

f:id:siwasu1341:20180609121716g:plain Zジャラランガとか

f:id:siwasu1341:20180609122628g:plain グンチメガガルーラとか

f:id:siwasu1341:20180609122635g:plain 太鼓カビゴンとかですね。

 

 

一致技の通りがよくなるんで、技スペを圧縮できる積みエースが活躍できる環境になると。

 

 

さて、実際にさかさダブルに潜る上で、これらを単純に使うのもまあ強くて楽しいとは思うが、

 

超火力での殺し合いに身を投じるよりは、環境を支配したいと思うのが正直なところ。

 

 

てなわけで、まあいつも通りギミック考えるよりも、メタから構築を組み始めることに。

 

 

続きを読む

【ダブル・JCS】サポートジジーロン+カプテテフ軸、湿原カメヴァディ【ウルトラサンムーン】

ジジーロン+カプテテフの調整案が出ていたので、今回もこの並びで参加しました。

 

 

テテフジジーについてはこちら

siwasu1341.hatenablog.com

 

 

肝心のパーティはこれ

 

f:id:siwasu1341:20180513221541j:plain

 

 

変更点なども踏まえて、パーティ紹介で詳しく説明していきます。

 

 

 

 

f:id:siwasu1341:20180104222702p:plain

ジジーロン 穏やか HD252

特性:ノー天気 持ち物:マゴの実

ハイパーボイス/大文字/追い風/手助け

 

 

前回までのテテフジジーのおさらい

ジジーロンが雨無効、テテフがルンパの猫を無効化。追い風を狙ってくるペリッパーを輪唱を使ってでも最優先で倒し、あとはひたすら雨エースをボコって逃げ切る。

 

 

前回までのテテフジジーは、対雨のペリッパーを輪唱で倒すことを念頭にHC振りで、輪唱の範囲を広げようとした形が多かった。

しかし、ノーマル技とエスパー技の範囲が被っていることや、ジジーロンとテテフのC数値が似通っているために受け切られることが多かった。

 

そこで、輪唱の使用を最低限にすることから考えて、まずはジジーロンを耐久特化に変更。一応無振りでもH振りペリッパーぐらいなら倒せるので、これで十分と。

 

ジジーロン自体もそこそこ打点があったが、追い風と手助けを持たせて隣のテテフに一任しても問題ないと判断。テテフのスカーフを超Zに変更すれば、足りない打点を補える。

 

 

逆に、取り巻きのルンパから飛んでくる冷凍ビームや、コケコのマジシャなんかで落とされて天候が復活されるほうが問題なので、耐久振りジジーロンは正解だった。

 

特化ジジーロンでテテフのエスパーZも耐えたりした。

 

 

絶妙な種族値のおかげで、ギルガルドの下から、ナットレイの上から大文字を打つことができる上、無振りでもワンパンできる。隣のテテフを倒されないためにもここは必須枠。

 

最遅にして万一ナットに抜かれたら怖いので、一応穏やかにしておいた。

 

最後に技スペが余ったのでハイパーボイスを入れた。こいつでハイボ打つときは大抵試合がほぼ終わってるときなので、まあ他の技でもいいと思う。

 

対雨を絶対に殺すためにノー天気ジジーロンを採用したが、ノオーグレイシアの吹雪をかわしながら大文字で蹂躙してしまったので対霰として見ても悪くないかもしれない。

計算してないけど多分メガノオーの吹雪は耐える。

 

 

ジジーロンクレセリア化が激しい。

 

 

f:id:siwasu1341:20170916081956p:plain

カプ・テテフ 控えめ CS252

特性:サイコメイカー 持ち物:拘りスカーフ→エスパーZ

サイコキネシス/守る/ムーンフォース/気合玉

 

 

輪唱を打っていたころはスカーフテテフだったが、対雨を輪唱なしで倒すことにしたのでオーソドックスな超Zテテフにした。

フローゼル以外はまあ抜いてるはずなので対雨見るだけならスカーフ自体はそこまで重要でもない。ノー天気の便利さを感じる。

 

 

ジジーロンに追い風手助けしてもらえば、縛り範囲をかなり広く取れて強かった。

シルヴァディの金属音のサポートも受けられるのが強い。金属音込みで輝石ラッキーやエムリットエスパーZで破壊するなどした。打点がおかしい。

 

バンギも砂無効になるので気合玉で持っていけたりする。今回は当たらなかったが。

超Zテテフがシンプルに強かったので、ほぼ全て選出した。

 

 

 

f:id:siwasu1341:20180321111613p:plain

シルヴァディ 慎重 H252 DはリザYのオバヒ耐えまで 残りB

特性:名前なんだっけ? 持ち物:グラウンドメモリ

草の誓い/金属音/追い風/マルチアタック

 

いつものシルヴァディ。変更なし。

主にカメックスの横からサポートする。追い風のできる誓い役の中で、最もリザYに耐性が高い。(そりゃ草タイプじゃないので)

 

環境に特殊ATが多いので、ジジーロンと被っても慎重個体で運用するのが一番よかった。

 

いつも通り追い風+誓いを重ねてずっと俺のターンに持ち込むのが仕事。

 

今回はテテフを動かしやすくしたおかげで、シルヴァディの先発率は低めだった。前回はスカーフテテフがそもそも出せないので、カメヴァディ選出が中心だった。

 

とはいえ、後出しから追い風で相手のS操作を切り返していく動きを集中してこなせたので悪くなかった。

 

見せ合いで電気耐性がバレないので、コケコの電気技を当たり前のように後投げからいなして追い風を返していけるのも強み。

 

 

A無振りとはいえ、マルチアタックは地面単体技なのでやはり便利だった。構築が特殊5枚なので重くなっていた相手のウツロイドを倒した。味方のウツロイドも倒した。

 

 

今回は11戦のうちに2回も湿原の誓いをカメックスにぶち込んだ。トリパが多すぎる。

 

 

シルヴァディの味方を殴る問題が例年より深刻化している。もはや爆発ですらない。

 

 

 

f:id:siwasu1341:20180321113201p:plain

メガカメックス 控えめ C252 S実数値101 残りH

特性:激流→メガランチャー 持ち物:カメックスナイト

猫騙し/水の誓い/波動弾/悪の波動

 

いつものカメックス

猫騙しでシルヴァディの追い風をサポートできる水の誓い役の中で、ドーブルよりもCが高い。

 

合体誓いでテテフ(おそらくCS振り)までワンパンできる。それなりの打点がある。

 

 

 

残念だったのが、特化クレセを金属音+悪の波動で落とせなかったこと。そのままトリル貼られて負けてしまったので、これに関しては何か対策を考える必要がありそう。

とりあえずクレセリアの耐久種族値が10ずつ下がっているようにお祈りしておこう。

 

冗談なしにしても悪波と波動弾の範囲が一般的な高耐久トリラーのポリ2クレセにぴったり刺さるので、これが落としきれないのはかなり惜しい。

 

 

サブロムでキーストーンを持っていなかったため、1戦目はメガシンカなしで戦うことになってかなり肝が冷えた。これは何とか勝てた。

 

PTの登録ミスじゃなかったのでキーストーンを取りにいって解決したのだが、まさかインターネット大会の参加中にストーリーでぼこぼこにされるとは思っていなかった。

デクシオ強すぎる。

 

 

 

 

 

さて、ここまで4匹は並びだけなら前回の構築から同一。

レートで回していた時はここにアシレーヌマルマイン、3月のJCSで回していた時は地面Zメタグロストゲデマルだった。

 

この4匹で問題になってくるのが残り4匹で、具体的に重めなのが

 

 

f:id:siwasu1341:20180305144733p:plainf:id:siwasu1341:20180104114031p:plainf:id:siwasu1341:20180104114025p:plainf:id:siwasu1341:20180513231607p:plain

f:id:siwasu1341:20180203150122p:plainf:id:siwasu1341:20170730121008p:plainf:id:siwasu1341:20180104114028p:plainf:id:siwasu1341:20180203153822p:plain

 

 

大体この辺。

残り2匹は、ここをメタっていくことがメインにまとまった。

 

 

f:id:siwasu1341:20180513230928p:plain

ウツロイド 控えめ CS252

特性:ビーストブースト 持ち物:命の珠

ヘドロ爆弾/パワージェム/マジカルシャイン/守る

 

普通のウツロイド。まあカプにメタ貼るって言ったらこれ。

リザYがカメヴァディの動きを鈍らせて苦手なので、特にリザYに強めなポケモンで。

マジシャを持たせればジャラランガに隙を見せることもない。

 

地震を切っているボーマンダが多いので、それもまとめて見れたのがグッド。

 

構築に特殊が5匹いる都合上、アシボが欲しくなりがちだが、実際に使ってみてアシボする余裕はなさそう(珠とビーストブーストのおかげで十分打点が足りる)だったので特に問題なかった。

 

 

無振りシルヴァディでも簡単に倒せるステータスで助かりました。

 

 

 

 

f:id:siwasu1341:20180513231725p:plain

バクフーン 控えめ CS252

特性:貰い火 持ち物:拘りスカーフ

噴火/自然の力/オーバーヒート/気合玉

 

 

強い炎タイプが欲しかったので、バクフーンを採用した。

最初のROMで潜った時は猫騙し無効のズガドーンだったのだが、残念ながら熱風では火力不足を感じたのでバクフーンに変更した。

 

自然の力はテテフの横でサイコキネシスを打つために入れた

これのおかげでBSB後のHP半分のジャラランガを上から黙らせたし、メタ外のスカーフニドキングも対処できた。

 

今回は当たらなかったが、アーゴヨンにも対応できると思うので、なかなかスカーフバクフーン自体も捨てたもんじゃないと思う。

噴火しかまともな攻撃技がないのがバクフーンの弱みだったので、今回はそれをカバーできたかなといった感じ。

 

 

あとは貰い火が地味に強くて、止めにくいリザYの炎技やガオガエンのフレドラを無効にできるのもポイント高かった。

バクフーン自体がその状況をどうにかできるわけじゃないけど、中堅には中堅の良さがあるなあと。

 

一応炎の誓いでカメックスを引っ張ることもできたのだが、さすがに噴火以外の炎技が誓いなのは違うので普通にオバヒを採用した。

 

 

7世代のバクフーン、すごくかっこ悪いのでできれば過去作に戻してほしい。

 

 

 

f:id:siwasu1341:20180513232833p:plainf:id:siwasu1341:20180513232833p:plainf:id:siwasu1341:20180513232833p:plain

バクフーンといったらこれよ。

 

 

 

結果

6-5ぐらい?レート1530ぐらい。

最初に使ったメインロムは、3-5ぐらいだろうか。

 

最終日に突然思いついた割には、バクフーンが思いのほか活躍してくれたので嬉しかった。

構築の発端だったテテフジジーも、不便だった箇所を改善して選出していけたので、ようやくひとまとまりしたかなと。

 

 

残念だった点としては、ミミッキュやらクレセリアやらのトリパがやたら多く、かなり苦労させられたこと。

まさか2度も味方に誓いを打つはめになるとは。

 

 

カメックスの打点不足はまあこれから方法を考え直すとして、サイドチェンジは金属音頼りだとどうにもならないので勘弁してほしいところ。うーむ。

 

 

とりあえずテテフジジー、誓いの2軸は2か月触ってそれなりに満足したので、また別の構築をのんびり考えていきたいですね。

おわり。

【反省記事】テテフグロス偽装テテフジジー輪唱+湿原の誓い【INC2018・ダブル】

自分用

INC2018参加したんですけどボコボコに負けたので反省記事を書きます

 

 

元にした構築

siwasu1341.hatenablog.com

 

大会の2日前に構築を公開した意味は何だったのだろうか。僕にも分からない。

 

他の構築用意する時間も練習する時間もないので、この構築を使うことに。

 

色々改善できる部分も発見していたので、そこだけ調整することに。

 

 

 

気になっていた弱点・変更した点

 

まず弱点から。

 

①ブルルが重い。

ミミッキュカビゴンの太鼓暗示が非常に辛い。

③テテフグロスがしんどい。

 

 

このぐらい。

 

まずブルル

こちらの構築のタイプが、水・水・地面・電気・テテフ・あと遅いジジーロンだけなので、そりゃ重い。

ワンパンルートも存在しない。

 

次にミミッキュカビゴン

ミミッキュにもカビゴンにもワンパンルートが存在しない。岩雪崩などの運ゲーに頼ることもできない。無理である。

 

 

最後にテテフグロス

猫騙しに頼っていたため、それができずに上から縛られるのは問題かなと。

 

 

 

構築内の問題点

アシレーヌの技範囲が狭すぎる。

誓い輪唱ハイボムンフォはそりゃカツカツというかもうギチギチだ。

 

誓いはカメヴァディのみで成立する。この枠を変更することに。

 

マルマインが孤立する

アシレーヌ抜いたらそりゃマルマインの居場所も減る。輪唱役が増えることのカバーで入れてた側面も大きいのでね。

 

ちなみに採用していたマルマインの技構成は雷/イカサマ/輪唱/嫌な音だった。

 

 

 

 

 

 

さて改めて

 

テテフグロス、ブルルに有利なポケモンは…

 

 

            f:id:siwasu1341:20180305144733p:plain

         メタグロスを採用することにした。

 

 

ギルガルドでもよかったのだが、今の環境はガオガエンに上から殴られて動きづらいということでこちらを。

 

このおかげで構築内にテテフグロスのパターンが入ることになった。

 

 

しかし2メガはきつい。ガオガエンも辛い。なんたって威嚇がうざい。

 

どうにかならないものか。

 

 

 

 

来たる天啓

 

 

 

                                        f:id:siwasu1341:20180323231438p:plain

           メタグロスを採用した。

 

 

 

さて、マルマインを抜いたことでもう1枠空いている。

 

メタグロスを使う以上、ランドロスが重くなる。

あとはカプコケコに上から殴り飛ばされるのも気になるところだ。

 

 

グロスを使ってコケコランドの縛りを解除できるポケモンで、ミミッキュを破壊できるポケモンが欲しい...

 

 

そんなやついるのか…

 

 

 

 

             f:id:siwasu1341:20180305144742p:plain

普通に猫騙し+避雷針が無難なので、トゲデマルを採用した。

 

 

 

パーティ紹介

メガカメックス

f:id:siwasu1341:20180321113201p:plain

種族値:79-x-120-135-115-77(めんどくさいのでメガ前は省略)

実数値:185→182-x-140-205-137-98→101

性格:控えめ 努力値:H224 C252 D12 S20

特性:メガランチャー 持ち物:カメックスナイト

猫騙し/水の誓い/冷凍ビーム/悪の波動

役割...猫騙しでのサポート+水の誓いアタック役

   誓い下エース

 

メガカメックスは誓いのメイン軸。強かったので技は変えずにそのまま採用。

素早さだけ調整しなおして、追い風下でちゃんとコケコを抜けるようにした。

 

 

 

シルヴァディ(じめん)

f:id:siwasu1341:20180321111613p:plain

種族値:95-95-95-95-95-95

実数値:201-115-126-x-151-115

性格:慎重 努力値:H244 D180 B84

特性:ARシステム 持ち物:グラウンドメモリ

追い風/草の誓い/金属音/マルチアタック

役割...追い風展開→草の誓いトス
   金属音での崩し

 

 

 

前回の構築では強かったので変更なし。

 

 

 

 

ジジーロン

f:id:siwasu1341:20180104222702p:plain

種族値:78-60-85-135-91-36

実数値:185-x-105-205-112-36

性格:冷静 努力値:HC252、残りD(※素早さ個体値は0)

特性:ノー天気 持ち物:シルクのスカーフ→命の珠

輪唱/ハイパーボイス/火炎放射/吠える→手助け

 

 

吠えるだけ手助けに変更。

スカーフテテフと同時選出する機会が多い以上、手助けでテテフの打点を伸ばせば何かと役割もあるだろうということで。

吠えるは構築単位でミミッキュトリパが軽くなったので不要と判断した。

 

あとはアシレーヌが構築から抜けたので、命の珠を渡した。

 

 

 

カプ・テテフ

f:id:siwasu1341:20170916081956p:plain

種族値:70-85-75-130-115-95

実数値:145-x-96-200-135-147

性格:控えめ 努力値:CS252、残りB?

特性:サイコメイカー 持ち物:拘りスカーフ

サイコショックサイコキネシス/ムーンフォース/シャドーボール/輪唱

 

 

マルマインが不在になったので、サイコショックサイコキネシスにした。

 

 

 

 

メタグロス

f:id:siwasu1341:20180323231438p:plain

種族値:80-135-130-95-90-70

実数値:155-205-150-x-111-132

性格:意地っ張り 努力値:AS252D4

特性:クリアボディ 持ち物:ジメンZ

アイアンヘッド/地震/冷凍パンチ/ロックカット

 

 

神。

ランドロスの守るとスカーフを同時に対策してレンチで縛るためにASロッカレンチが確定。デマルの猫と合わせてロッカを積む。

 

構築内にコンボが増えるのは単純に嬉しいので(←ここ最高にバカ)、

テテフグロスが可能になる思念も入れたかったのだが、スカーフテテフでただでさえ通常のテテフの能力を落としているのにグロスすらメガではないので劣化版の劣化版にしかならないのがわかっていたのでやめた。

 

むしろ、テテフグロス自体が相手の選出を強烈に誘導する並びだったので、呼び込むブルルとガエン、ガルドをジメンZで蹴散らしてテテフを通すコマと考えたらこの技構成でよかったと思う。

 

 

 

 

普通に強かった。

 

 

トゲデマル

f:id:siwasu1341:20180305144742p:plain

種族値:65-98-63-x-73-96

実数値:141-150-83-x-93-162

性格:陽気 努力値:AS252、H4

特性:避雷針 持ち物:気合の襷

猫騙し/びりびりちくちく/アイアンヘッド/ミサイルばり

 

 

基本は最初に書いた通り、猫騙しでグロスの積みサポートを行う。

メタグロスミミッキュをワンパンできるので、ミミッキュの襷を潰しつつ首を折れるミサイルばりを採用した。

 

ちなみにタマゴ技のダブルニードルのほうが命中が高く、毒の追加効果もあるので優秀だが、タマゴ技が優秀なトゲデマルでダブルニードルを遺伝させる価値がないのでレベル技のミサイルばりでいい。

 

 

そんな感じ。

 

 

 

結果

大会前日に行った試運転 6勝2敗 1600→1660ぐらい

 

大会当日 わからん勝わからん敗 15戦終了時に1500台割ったので登録解除した。

 

 

 

 

ここからが本題

反省タイム

 

 

何で負けたのでしょうか。

反省タイムです。

 

まず全体として、INCで見かけたポケモンは中堅からかなりマイナーなものまで幅広く、対策外の構築も多く存在していた。

例えばメガバシャーモメガバクーダ、鉢巻カビゴン、その他諸々。

ピッピやバイバニラなんかも見かけた。

 

つまり環境がまるで違った。

構築を組む際にランキング上位に存在するポケモンや、レートでよく出会う構築になにかしらの解答を用意しておくのは正しい。

 

でも、対策外の構築ともある程度戦えるようにしておかなければならない。

 

つまり守るは必須。

 

今回はひたすらメタにメタを重ねて構築を組んだ結果、守るを全切りして場当たり的な対処で全部切り抜けられるように調整していった。

代わりに汎用性を犠牲にしすぎたのが悪かった。

猫騙しを守ると同感覚で選択していたので、ゲンガーブルルなどの構築には非常に戦いづらかった(レートではゲンガーがあまりいないので頭から抜けていたのも悪かった)

 

 

 

正直今回の構築は守るを入れる余裕がなかったのだけど、せめてジジーロンの手助けは無難に守るでよかったと思う。

 

手助けサイキネと輪唱で縛れる範囲がほぼ同じなため、2種類選択肢を作っておく必要性がまるでなかった。

 

 

ジジーロンが守れたらもっとイージーウィンできただろうなって試合がいくつかあったので、ここは大事

 

 

 

 

次に、ポケモンを入れ替えた際に据え置きにしたポケモンの型の吟味が不足

 

カメックスの話。

 

ブルルが重いので冷凍ビームを搭載し、波動弾を外していた。

その際金属音が入っているにも関わらず、メレラッキーを仕方なくメタ外にした。

 

今回実際にツボラッキーと当たって、負けてしまったのでこれはよくなかった。

 

 

さて、ブルルが重いのはアシレーヌマルマインを採用していた時の話で、

今はグロスデマルがいるのでここを考え直したほうがよかったと思う。

ナットレイにも負けたので冷凍ビームを波動弾に戻しておく必要は絶対にあった。

 

あと波動弾があると金属音悪波でクレセワンパン→金属音波動弾でカビゴンワンパンができるようになるので、あるのとないのじゃ全然違う。鉢巻カビゴンに自爆を許したのもこの辺が悪かった。

 

 

 

型として必要な技なのか、メタ用に入れている技なのかをちゃんと考えて据え置くかどうかを決めたほうがいいですねってこと

 

 

 

同様にシルヴァディのタイプも地面じゃないのかもしれないけど、これはいいタイプが思いつかないので何とも言えないです

 

今はアシレーヌを外してコケコが軽くなっているので、もしかしたら水だったのかもしれない。使ってないからわからない。

 

 

 

 

 

 

あとはトゲデマルの単体性能が低かったのも気になったのだが、正直グロスのサポートができるポケモンが他にいなさそうなので仕方ないんじゃないかな

 

 

輪唱役としてだけで見てマルマインをさらっと外したけど、単独で動ける高速アタッカーを1枚外したのは案外厳しかったのかもしれない。

そういう意味では、本当に変更すべきだったのかをあまり考えずに変えてしまった

って問題もあったのかもね。でもデマルはあれはあれで強かったので何とも言えない。

 

投げつけるフェローチェあたりを採用していたらどちらも捨てることがなかったので正解だったのだろうか。わからない。

 

 

 

 

 

まあマルマインいじりながら思いついたテテフジジーを単独で使ってみよう!ってことで派生構築組んでここまで色々改造して遊べたのは普通に楽しかったです。以上。