【キラキラ】プリキュアOP考察改め解説③【プリキュアアラモード】

久しぶりにプリキュアのOP考察解説記事です。

本当は過去のブログがログインできなくなってしまったので歴史の闇に葬ろうかと思っていたのだけど、キラプリのOPが解説の必要性めちゃくちゃ感じたので戻ってきました。

 

キュアショコラの変身バンクめっちゃかっこいいのでみんな見てくれよな!!!

 

 

ちなみに歌詞の掲載に関しての是非について

歌詞掲載サイトとかで基本的にコピー禁止、右クリック不可の措置が取られているのでそれに従う必要があるのかと思いきや、個人使用の場合で、大量掲載や広告収入等の目的がなければ無断で掲載してもよいとのことなので、これからも特に気にせず解説記事書いても問題なさそうです。こうしてまた無駄知識が増えた。

 

 

今回はフランス語とお菓子用語?が結構出てくるので、グーグル先生の助けを借りつつ

お菓子作り歴0年の僕が色々解説しようと思う。

 

 

まずは動画と歌詞

 

SHINE!! キラキラ☆プリキュアアラモード

歌:駒形友梨

 

アニメ版

youtu.be

 FULL

youtu.be

 

 

ボンボン セシボン Yeah! キラキラル
 
Ouiスタート Sweets Time (キラキラル☆)
 
シュークレームジュレ…… どれ!?どれも!!
 
キラキラ☆プリキュアアラモード
 

 

 
 
シフォンみたいね? こころは不思議
 
楽しいコトで ふゎっ♡て膨らむ
 

 

 
 
ときめく理由は カラフルにみんな(カラフルに♪)
 
違うけれど、おそろい (おそろい♡)
 
”大好き”が いちばんのマストアイテム
 

 

 
 
Let’s Go!Let's la 前進!
 
希望を装飾(デコ)
 
きみとわたしの夢まぜまぜ✩☆☆
 
ありったけの想い届け
 
負けそうな日も 一緒ならパワー
 
Yes!てんこ盛りっ
 
イップステップジャンプ&SHINE!!
 

 

 
 
ボンボン セシボン Yeah! キラキラル
 
Ouiスタート Sweets Time (キラキラル☆)
 
シュトーレン…ガレット…… どれ!?どれも!!
 
キラキラ☆プリキュアアラモード
 
 
 
 
 
とりあえず1番まで
 
 
導入はエレガントな感じで始まる、初回のアバンタイトルからかなりドタバタギャグアニメの様相を呈していていちかちゃんが大変なことになっているが、持ち直したかなと思わせる
 
 
そこにこの歌詞を持ってくる
 
ボンボン セシボン Yeah! キラキラル
 
しかも背景が謎のなにかになる
 

f:id:siwasu1341:20170313133145j:plain

↑なにか
 
 
視聴初回の場合、この時点でとてつもない不安に襲われる。
何のアニメなんだ…なんだこれは…こわい…歌詞も意味不明だし…
 
 
ちなみに1話は本当に一部始終見終えて結局何のアニメなのかよくわからない感じになる、見てない人は一度見てほしい
 
 
セシボンとはフランス語でC'est si bon.の事で、[感]それはすてきだ。すばらしい。の意味を持つらしい。
聴いてみるだけでは意味が分からないのだが、この部分発音してみるとなかなか語感がいい、ずっと言っていたくなる、ボンボンセシボンいぇい
 
 
ちなみにキラキラルは本編で出てくるお菓子に入っている粒子で、心がこもったお菓子にはたくさん入っているというもの、今作では必殺技がキラキラキラル☆キラキラルなので、かなりギャグ方向にぶっ飛んでいる気がする(プリキュアおしりパンチを思い出しながら)
 
 
せっかくなので、無駄だと思いつつもキラルの語源を調べてみた
 

f:id:siwasu1341:20170313134356j:plain

日本語が分かる方、ここに書いてある意味を僕に教えてください
多分関係ない
 
 
さらにちなみに
ジュレはゼリーのことで、フランス語由来の言い方らしい
シュークリームはフランス語で「chou à la crème」(シュー・ア・ラ・クレーム)と言い、これもフランスから広まったお菓子だそう
 
フランス発祥のお菓子を語感のいいフランス語で歌詞に載せたり、こだわりが見られる
 
 
 
 
 
高校生組がいるにもかかわらず最初から5人出ている点は、早くから見せて大丈夫なのかと不安になる(今回は割と早く加入してしまったので問題なかった)(ちなみに初代高校生キュアのキュアムーンライトは妖精が亡くなっていたのでかなり加入が遅れた)(中3なのに年齢制限に引っかかったキュアアクアが不憫だ)
 
 
 
 
この辺り、ハートキャッチと同じ感覚で見ると割と不安にしてくる要素が多めに入っている、作画とギャグ多め以外はだいぶ別の路線を歩んでいる
 
 
謎のなにかのシーンは作画抑え目だが余白を使ってキャラをうまく見せている、今作は変身シーンを3等分したりと、キャラと背景や画面を切り離すことが多い印象
 
 
今回のタイトルはプリキュアの後にアラモードがついている
これはふたりはシリーズ、Yes!プリキュア5gogo以来、特に5gogoに近いと思った
 
プリキュアシリーズ自体はかなり曲のテンション高め、特にサビが非常にテンション高いので、実質サビのイントロとAメロをつなぐために結構長い時間を取って調整することが多い
タイトルのロゴや妖精が動いてることが多い
 
 
フレッシュは7秒ぐらい、なんとまほプリは11秒もかけている
 
 
それに対して、アラモードは割と長めだが5秒、5gogoに至っては1秒以内にイントロに移行している
 
アラモードと5gogoの共通点で、他のシリーズほどアップテンポにしていないというものがある
 
 
 
プリキュアという単語がアップテンポ寄りにしてしまい、Aメロで落ち着かせるためにつなぎにくいんじゃないかなと思う
フレッシュとかは結構ガクっとくる感覚があると思う、あとはまほプリとかAメロでもそこまでテンポ落とさず突っ込んでる印象
 
 
ここを緩和してAメロに移行する手助けをしている、タイトル名をスムーズに曲に合わせられるのがアラモードと5gogoの、プリキュアの後にタイトルが続いていることのメリット
 
タイトルがキラキラ☆プリキュアアラドーモじゃなくて本当に良かった
 
 
 
しばらく普通に進む、キャラがちょこちょこ動いてる、作画は全体的に控えめなのだが、背景で5人のミニキャラみたいなのが動いてるのがかわいい
 
 
ふゎっ♡がかわいい、ファッじゃない
膨らむのは歌詞では心だが、お菓子要素とも考えられていい感じ
 

 

ときめくわけはカラフルにみんな違うけどおそろい

だいすきが一番のマストアイテム

 

この辺あんまり頭に歌詞入ってこないけどノリで流せる

 

 

謎の仮面が出てくるけどダークプリキュアコナンくん枠かなとか考えつつ

 

 
 
サビはちゃんと盛り上げてる、物理的な攻撃のシーンがなくて作画は割と地味め
多分戦闘周りでは今までで一番地味なので、というか
 
5人組の中で一番キャラを立たせる方法に乏しいのではないか
 
サビ部分は戦闘シーンや変身シーンになるのが恒例で、4人以下の場合は大抵戦闘もガッツリ描きこんである
5人の場合は戦闘は一部(5ではのぞみだけが戦ってる)で、後は全員の変身シーンでキャラを立たせている場合が多い
5とスマイルは炎電気風水氷等キャラごとに多彩な演出があったので、変身と必殺技だけ見せる感じでも十分動かせた
 
ドキプリも割と地味めで、実は本編未視聴なのだがあまり変身後のキャラ立ち(戦闘方法とか)に関してはちょっと描写が薄めだったかな
 
 
 
 
今回は必殺技が全員キラ(中略)キラルで、謎の生クリームを射出する感じなので
画面としてはちょっと物足りないかな
 
 
ただ、クリーム自体はめちゃくちゃ動くし白が映えてエフェクトもちゃんとつけてあるし、中央に集中して巨大なケーキになるあたりは結構ガッツリ動かしてあって見応えある、画面圧迫してる感じがよい

 

ケーキのシーンはプリキュアが静止しててもうちょい動かしてもいいかなーとも思うが、シフォンの後ろ姿がマントとしっぽのおかげで非常に見栄えが良かったり、マカロンは猫背で猫っぽさ出したり脚クロスさせてたりと高校生キュアの良さが生きてるしなかなか...制作陣の高校生組への熱い思いを感じる

 

 

歌詞、Let's Goの後に、Let's la 前進!と言っている

 

レッツラゴーは死語っぽいのだが、そもそもlaは不要らしい

フランスっぽさ?外国っぽさを出したい中年のおっさんがレッツラゴーって言ってる姿が想像できますね

セシボンとかジュレとかと同様、お菓子がメインなのでフランスらしさを出すためにあえてlaを使い、レッツラゴーと言わないようにGoを前進に言い換えながら語感をうまく調節している

同じ意味の歌詞2つ並べてるだけなのに言い換えからこだわりが見られるし、飽きないように音程も変えながらサビに突入しているのでここは本当にすごいと思う

 

「希望を装飾(デコ)」

デコってかわいくないですか、デコるとかデコイとか

女の子らしさを出しつつお菓子用語を盛り込む

 

「夢をまぜまぜ」、めちゃくちゃポジティブに仕上げるプリキュアの曲と菓子作りを融合させつつ、ただ混ぜると言わずにまぜまぜにしてかわいさも出す

 

 

ケーキのシーンでかなり画面圧迫してるところに「ありったけの想い」

眼に見えない想いの大きさを超巨大ケーキで表現、天才すぎる

 

 

「負けそうな日もパワー Yes! てんこもりっ」

ありったけとは別の表現で量の多さを表現、5人がダッシュでこちらに向かって4回ドアップになる、作画も回復しながら目が幸せになる

 

動かすシーンの最後は「ホイップステップジャンプ」できれいに〆る

 

語彙力が高すぎる…10年以上前きみらマジ?ヤバクない?感動!ってゆか凄すぎぃ~☆とかいいながら歌詞にプリキュア30回ぐらい使ってたじゃん…5とGoだけで1曲のうちに54回も言ってたじゃん…

 

混ぜたり装飾したりのお菓子を作ること、お菓子の名前、フランス要素、お菓子の量と炎とか魔力とか腕力とかを捨てたおかげで使える要素が一気に増えたらしい

 

菓子作りで歌詞作りをするとはたまげた

 

ボンボンセシボンいぇいに戻って円形に並ぶ、場面転換で寝てるポーズに移行

 

寝かたが全員特徴的でちゃんとキャラ立たせててさすがだなぁって感じ

個人的にはマカロンのぶらんとした手がすごいポイント高い、高校生キュアの風格とエレガントさがよく出てて好き、このポーズ中学生キュアには絶対させてもらえないぞ…

 

 

シュトーレン(独: Stollen)は、ドイツの菓子パン。

ガレット(仏: galette)は、フランス北西部の郷土料理である料理・菓子の名称だそう。

 

どこかで咲の実家のPANPAKAパンとコラボして全員で菓子パン作る回とかあってもいいなぁと思ったりする

 

菓子パンとパンケーキを同列に並べようとしたけどパンケーキのパンはフライパンのパンなのでパンじゃないよ

 

 

最後にスマイルでいう隠れ家ポジションの建物がアップになる、店の名前はKIRAKIRApatisserieとなっている

 

パティスリー (pâtisserie) は、フランスやベルギーにあるケーキや洋菓子を専門に扱うベーカリーの一種である。

 

おしゃれな建物、Franが刺さってる

 

 

 

結構内容ガッツリ書いたので2番以降の歌詞は省略、deliciousとかsweetとか色々使える単語多くてここでも語彙力の高さを披露している

 

ちなみにスイートプリキュアのスイートの意味が分からなかったが、甘い以外にも音が美しい、調子がいい、気持ちいい、やさしいなどの意味があるらしい

 

 

スフレとかチュイールとか何言ってんのかよくわからないのでとりあえず調べた

カッセはお菓子用語で砕く、割る

スフレ (仏: soufflé) は、メレンゲに様々な材料を混ぜオーブンで焼いて作る、軽くふわふわとした料理。

チュイールは瓦やタイルの意味でラングドシャのことらしい

 

間奏はいい感じのギター、ラスサビでもギターが入ってたりする

 

できあがりっ!

 

後半も原動力→マストアイテム、Let's la 前進(挑戦)、ラスサビで同じテンポでセリフ変えて言い直す部分があったり、かなり言い換えが取り入れられてる

 

 

終わり方も色々楽器使って表現してたり、全体的に表現力がめちゃくちゃ高い作品だった

 

どれだけの楽器使われてたのか教えてほしい、サビ途中のキランっとか2番初めのピアノでエレガントさ表現とか、今までよりずっと進化してるし何度聴いても色々発見があって楽しい曲

 

歌詞と裏の楽器の表現力で言えばこれを超えるのはかなり難しいんじゃないか

 

上の歌詞はコピーできる範囲が1番のものだけだったのだが、フルの歌詞はググれば出てくるので聴きながら参考にしてほしい

 

 

ちなみにアラモード(仏: à la mode)は、「流行の」「現代風」を意味するフランス語

 

 

肝心の集計

フランス語とお菓子は共通部分が多いので同時集計

 

フランス語+お菓子ポイント・・・なんと40!

同じ語を省いても23もの単語がフランス語やお菓子の関連語なので、非常に語彙力が高いことがよくわかるだろう

 

 

 

プリキュアポイント 2

 

プリキュアという単語は語彙力のない歌詞に多く存在しているらしい

日本中、いや世界中の歌詞の9999999割はこの曲より語彙力がいいことになるので頑張れ

 

ちなみに作品タイトルのキラキラ☆プリキュアアラモードのキラキラとアラモード、キラキラを言い換え歌詞のタイトルにしてあるSHINEを足すと12、キラキラルはともかくアラモードは汎用性が高いしキラキラやシャインの言い換えとここもポイントが高い

 

必殺技が現状キラ略キラルのみなのだが、本編でよく使われる語の「れっつらまぜまぜ」「ほいっぷすてっぷじゃんぷ」「キラキラル」「できあがり」とこちらはさまざまなバリエーションがあり、ちゃんと歌詞に取り入れられている

 

 

今回は頭悪そうポイント少なめなので集計なし、ボンボンセシボンとキラキラルぐらい

 

 

 

gogoとの関連性もそうだが、Yesがちらほら歌詞に入っていたりそれなりに他の曲と似てる箇所も発見できてうれしいところ

 

関連といえば本編でフレッシュだか5だかで流れてたBGMが他の作品でたまーにこっそり入ってたりするのでシリーズ通して触れてみるのも楽しい要素が色々あってうれしい

 

 

多分今回あまり取り上げられなかった楽器のあたりとかで他にもいろいろ工夫が凝らされてるんだろうなあと思いつつ、今回はここまで

非常にいろんな要素が入ってて今回は考察解説のし甲斐があった

色んな工夫を発見してみるのも楽しいのでどうでしょうか

 

 

スペシャルサンクス wikipedia

【ダブル】第五回噴火杯使用構築、コケコライチュウタイプヌル【WCS2017】

噴火杯で使用した構築。WCS2017のルールで参加しました。

 

 

まず初めに、前記事のドブライブ!を軸とした構築で参加することを目標にした。

siwasu1341.hatenablog.com

 

しかし、なかなか勝つことが難しい。

 

ダグトリオ+スターミーの穴を掘るスポットライトはZ技を回避しつつ集中攻撃で殴れる等そこそこの強さを感じたが、守られたり交代先が浮いていたりとなかなか難しい模様。

 

守られるのが問題だったので、コケコライチュウ+エレキシードフワライドを軸にして軽業ゴーストダイブにより高速で守るを引きはがしながら集中していくなど、色々改善策を試してみた。どうしてもスポットライトまで入れるのは無理があることが判明したが、コケコライチュウが意外と手になじむことが判明、さらに同時期にミストシードフワライドが結果を残し、追い風アクロ鬼火まで一致していたので、仕方なくカプ・レヒレを入れて偽装寄りにしてみるとか色々試したものの、コケライチュウテテフレヒレライド、さすがに無理だと判断したのでレヒレとライドを外して完成した。

 

コケコライチュウが強かったので、これを通していくというテーマを変えず、フワライドのダイブとは別の方法でサポートしていく構築として完成させた。

 

f:id:siwasu1341:20170306130245p:plain

 

f:id:siwasu1341:20161217154237g:plain

カプ・コケコ 臆病 CS252

特性:エレキメイカー 持ち物:命の珠

10万ボルト/マジカルシャイン/守る/ボルトチェンジ

 

 

フワライドのエレキシードを発動させるために採用された。

ダイブとタイミングを合わせて集中でできるだけ早く、火力を高く出せるように、守ると珠が決定。

 

ボルトチェンジの有無で、対テテフ、レヒレ、ブルルへの行動の自由度が広がるのでボルチェン。

 

大体テンプレ。

 

 

f:id:siwasu1341:20170306131016g:plain

 

ライチュウ(アローラのすがた) 控えめ CS252

特性:サーフテイル 持ち物:拘り眼鏡

10万ボルト/ボルトチェンジ/サイコショック/目覚めるパワー氷

 

 

コケコライチュウの高速高火力がテーマなので採用。

役割遂行で相手を叩き潰していくために眼鏡。

めざ氷のガブリアスへのダメージが変わってくるので控えめを選択。

 

フィールドを取られているときはサーフテイルが発動せずにコケコの下を取るため、コケコボルチェン→ライチュウボルチェンで集中攻撃で相手を倒しつつコケコを再展開、ライチュウの拘りを解除して控えに戻す、この流れができるようになるのも非常に強い。ボルチェン持ちが複数いることで効果的に動くことができた。

 

ウツロイドより早いのでサイコショック

あとはそんな感じ。

 

 

f:id:siwasu1341:20170222131909g:plain

カプ・テテフ 控えめ HB252

特性:サイコメイカー 持ち物:エスパーZ→曲がったスプーン

サイコキネシス/マジカルシャイン/守る/挑発

 

 

コケコライチュウの並びが高速高火力で完成されており、ここから4匹はさらにスピードを求めるよりも、その並びを補佐するポケモンが必要となると判断。

ライチュウサイコショックを強化するために採用。

 

 

カミツルギミミッキュの前で動かせる、なかむらさんのHBテテフが使い勝手がいいと判断し採用。

コケライチュウがトリルに非常に弱く、挑発持ちを入れたかったので、こいつに挑発を持たせた。

原案は「HBテテフでも眼鏡を持っているので遂行能力がある」というのがポイントだったが、こちらは挑発まで欲張りたかったのでエスパーZを持たせていた。

 

 

 

エスパーZのポーズの主人公が後ろの足をつま先立ちにするところ、すごい好きなので見てください。

 

 

 

試運転で使っていたHB挑発エスパーZテテフだが、通常のテテフの火力とHBテテフの耐久、さらにトリル耐性や瞑想の妨害など、求めていた要素を全て満たしてくれて非常に使い勝手が良かったので試してみてほしい。

 

大会では同時に選出しがちだったワルビアルくんが「地面Zほしいよー」と言っていたのでスプーンを持たせてあげたかわいい

 

バンバドロのダブルダメージ采配地震を素耐えしながらバンバドロを処理できたのでとても偉かった(隣でワルビアルが素耐えできなかったので負けた)

 

さらに愛着がわいた。すごい好き。

 

 

f:id:siwasu1341:20170306133248g:plain

ワルビアル 意地っ張り HA252

特性:威嚇 持ち物:突撃チョッキ→ジメンZ

地震/岩雪崩/噛み砕く/ダメ押し→守る

 

 

ここまでで相手の電気と打ち合うのが面倒、アローラガラガラがしんどい、ギガイアスもしんどいといった理由から、地面打点を持てるポケモンを採用したかったので採用。

 

ガブリアスでもいいのかもしれないが、後出し性能が欲しかったのと、個人的に4倍弱点持ちは意表を突かれて死ぬことがあまり好きではなかったので、現代のわにを採用した。

 

試運転の際は行動保証のためにチョッキを持たせていたが、正直虫氷水草その他諸々の耐性を大幅にカバーしてくれるチョッキが使えるのが非常に偉かった。ただ、ダメ押しを持たせても非常に硬いトリル役のポリ2の処理がうまくいかないことや、噛み砕くの威力が物足りない、ライチュウが拘っているため地震が押しづらいことを改善するためにジメンZに変更した。

遂行能力をしっかり持たせてやったので、ちゃんと遂行することができた。ただし、ミミッキュのじゃれつくのダメージが気に入らなかったり、A±0珠バンバドロの采配地震で落ちたりと、耐久面では全然よくなかった。

 

ジメンZにより過剰な遂行能力を得ており、試合の敗因はワルビアルの耐久不足が祟ったことなので、HBDワルビアルにジメンZを持たせてやる形のほうがいいんじゃないかなーと思った。これは大会前日に急遽持ち物を変更したため、試運転不足だったかなあという感じ。

 

なんだかんだ頑張っていたし信頼しているポケモンなので、今度からもまた頑張ってほしい。

 

 

f:id:siwasu1341:20170306134854g:plain

ハリテヤマ 意地っ張り Abd

叩き落とすでガラガラが高乱2になるまでAに振った

残りはB<Dになるように振り分け

特性:厚い脂肪 持ち物:ロゼルの実

猫騙し/ワイドガード/インファイト/叩き落とす

 

コケライチュウが動きづらくなるポリゴン2やギガイアス、ガラガラに対する遂行役として採用。

 

チョッキはワルビアルが捨てたので枠が空いていたが、相手の地震が多く打たれるのが予想できたこと、カプによるマジカルシャインをハリテ自身が凌ぐ必要があることから、ワイドガードを採用した。

6世代トリプルの晴れパにいれてるわけでもない(相手の炎技にゴリ押される心配がない)し、格闘タイプゆえに弱点が少ないため、チョッキでなくともロゼルで事足りる、努力値は必要分だけAに回して残りはできるだけ耐久に振ることにした。

 

ハリテヤマというポケモン、猫フェイントワイガに加えて自身のAと仮想敵を定めていることにより高い遂行能力を持つことができ、場に存在しているだけで非常に多くの択を作り出すことができるポケモンだと考えている。そのため、ロゼルやB振り、ワイガなどで相手の攻撃を耐えてやることで、相手の想定外に居座らせてその分ターンを有利に進めることができると判断してこの型で採用した。

 

想定通りの役割がこなせ、とっても使いやすかった。

流行れ。

 

 

f:id:siwasu1341:20170306140349g:plain

タイプ・ヌル 意地っ張り H244A252残りD

Dはダウンロード対策

特性:カブトアーマー 持ち物:進化の輝石

毒毒/吠える/とんぼ返り/アイアンヘッド

 

 

最後に採用されたポケモン

 

トリル対策に吠えるが欲しい、ボルチェン先のクッションになれるポケモンがもう1枚は欲しい、ポリ2やトリトドンへの遂行能力が欲しい、フィールドを自分の思い通りに展開し、ライチュウを安全に場に戻したい、ギガイアスウツロイドへの打点もほしい

 

そんな無茶を言うんじゃないよという欲望に忠実に答えてくれたハチ公が帰りを待っててくれたので採用した。

 

可能性感じていたのでいっぱい集めていたが、最終的には自己産を連れて行った。

 

 

採用理由は技構成が全て物語っているのでこれ以上いうことはない、努力値は迅速に相手を削り取るコケライチュウがメインのために、とんぼアイヘの威力を確保できる意地で問題なかった。

 

 

タイプ:ヌルやシルヴァディには情報公開時からその種族値の汎用性やタイプや覚える技の多彩さから非常に可能性を感じており、1度どこかで使ってみたかったが今まで採用できなかった。しかし、7世代初めてのオフに連れていくことができ、活躍させることができたのでとても嬉しい。

 

ちなみに同じく鋼打点が持て、後攻とんぼができるポケモンハッサムという案もあったが、Dが低いことと炎が4倍だったので採用したくなかった。ウインディミミッキュレヒレツルギギガイアスガブコケコテテフブルルキュウコンポリ2全てに対して重くならないポケモンを採用したかったので。

 

 

今回はPTに合わせるためにめちゃくちゃ汎用性を落としたが、他にも剣舞だったり、シルヴァディとしての運用だったりと、色々楽しそうなポケモンだと思っているので、これからも使っていきたい。

 

 

結果は3勝2敗で、ペアマッチのためバトルロイヤルとかで落として残念ながら予選抜けはできなかったが、構築としては悔しさよりもそこそこちゃんと動かしてあげられたかなーと思っているのでそこそこ満足できた。ワルビアルの耐久だけ不満だったがそこは他の人より準備不足での負けなので仕方ない)

オフの雰囲気がのんびりしたものだったのもあるかもしれない。また遊びたい。

 

 

追記

 

レンタルチーム公開したのでよければどうぞ、ワルビアルは腕白Hbdで育成しなおしました

 

貼り方がよくわかんないんでツイートしました

 

 

第五回噴火杯オフレポ

 

第五回噴火杯に参加してきました!!!

 

続きを読む

【サンムーンダブル】ドブライブ!反省会(スポットライト軸スタンダード)【WCS2017】

 

だって、可能性感じたんだ。そうだ、ススメ―――――

 

 

 

 

これは、三人のアイドルと一台の照明器具が、アイドル界の頂点を目指す物語。

 

 

 

                   ↓照明

f:id:siwasu1341:20170222124543j:plain

↑アイドル  ↑アイドル  ↑アイドル

 

 

 

続きを読む

【サンムーンダブル】命がけドーブル入り、科学の力ベトレヒレ【WCS】

 

f:id:siwasu1341:20161225115612g:plain

強いですね、こいつ

 

 

 

 

 

 f:id:siwasu1341:20161225115634j:plain      f:id:siwasu1341:20161225115612g:plainf:id:siwasu1341:20161225115612g:plain

f:id:siwasu1341:20161225115631g:plainf:id:siwasu1341:20161225120019j:plainf:id:siwasu1341:20161225115612g:plainf:id:siwasu1341:20161225115612g:plain

         

 

こうすればもっと強いですね

 

 

 

続きを読む

【サンムーンダブル】御三家湿原誓いパ、1700達成構築【WCS】

FC2ブログがログインできなくなってしまったので、サンムーンからはこちらで更新していきます。

 

 

さて、トリプルバトルが無くなってしまったので、トリプルを始めるきっかけとして少し触って放置していたダブルバトルを真剣にやることに。

トリプル勢だからトリプルらしい構築が使いたいなーということで、今まで度々触れていた湿原パを新たな御三家と共に再び使ってみることにした。

 

 

重要事項、この差が今回の構築の基本的な考え方

ダブルの誓いとトリプルの誓いの違いについて

トリプルの誓い、特に湿原の誓いは、敵を倒す技というよりは、S操作がメインであると考えられる。

湿原のターンは4ターンで、起動時に2体分の行動を消費して残り1体はSがそのままのため、実質3ターンで残り5か6体を倒す必要があるここで全体技を誓いの流れに組み込めるカメバナ+バナの葉緑素を発生させるリザードンY(こがポケで使っている人がいるもののブログにしている人はいないですね、残念)や、湿原の誓いを発生させながら癒しの波動+潮吹きでそのまま殴りに行けるメガニウム+メガカメ

meganiumknight.blog.fc2.com

などの並びが必要になってくる。

 

 

 

しかし!!!!

 

 

ダブルの場合はどうだろうか。

湿原の誓いで相手を倒した場合、実質ターンは残り3に対し、相手の手持ちも残り3匹なのである。

つまり、全体技に頼らなくても、湿原発生さえしてしまえばあとはゴリラが3回攻撃を当てるだけで勝ててしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴリラが3ターンのうちに3回攻撃を当てるためにはどうするか…?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:siwasu1341:20161217230258g:plainf:id:siwasu1341:20161217230258g:plainf:id:siwasu1341:20161217230258g:plain

 

3匹いれば十分ですね?(ニッコリ)

 

 

続きを読む